うねり取りはいくらの投資資金から始められる手法なの?

MENU

うねり取りはいくらぐらいから出来る投資手法なのか?

株式投資において、うねり取りはいくらくらいから始める事ができるのか?と言う事について、よくご質問があります。
・・・・が、最初は、身に付けるまで本当にデモで良いと思っています。

 

こういう教材は全てそうなのですが、購入したから儲かる訳でもなく、ましてや読んだから儲かる訳でもありません。

 

あくまで知識であり、キッカケです。

 

だからこそ、身に付けるように練習する必要がある訳なのですが、なかなか頭で解っていても理解してない方は多いというのが実情なんじゃないかと思います。

 

管理人の所にも、「いつから儲かるようになりますか?」とか言う質問が来て辟易します・・・・

 

特にうねり取りですが、デモで初めて頂くのが一番なものの、実際に行うとなったらポイントとなるのが分割売買です。

 

つまり、買う時に、分割で玉を入れていく事なりますから、最低単位の投資資金ではダメで少し余裕を持った運用が求められることになる訳です。

 

資金にあった銘柄、うねり取りにあった銘柄を選ぶ

うねり取りの定石、というものは当然存在しますが、3分割、5分割が大抵セオリー。
後は、増し玉で多いと7分割、9分割などまでありますが、奇数が多いんですよね、不思議と。

 

これは当然相場師朗7step株式投資メソッドの中でも触れられています。
しかも、等量で入っていく場合もあれば差をつける場合もありますので、少なくとも最低資金のままで株式投資、もというねり取りをするのはダメ、と言う事になります。

 

これは注意事項ですね。

 

それでは、資金の少ない人にはうねり取りは出来ないのか?と言うと、それは違います。

 

対処法としては簡単で、その人の資金に合わせて、分割で入れる価格帯や値動きの銘柄を選べばいいだけです。

 

ともかく、分割売買が出来ないとうねり取りは話しにならないので注意点が必要である事は間違いありません。

 

関連ページ

相場師朗って誰?
相場師朗7step株式投資メソッドは、実際に株式投資で飯を食うプロである相場師朗氏が、相場師の技法であるうねり取りを解り易く、かつ、本格的に教えてくれる教材です。そもそも、でも、相場師朗さんって誰なんでしょうか?